スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今年はもっと盛り上がるかも…\(゜ロ\)チャンポン! (/ロ゜)/リョウマ!

ランタン
中華街のランタン

今年は2月14日より2月28日までの2週間の開催だそうですね。

異国情緒溢れる街並みと幻想的なランタン 

行った事のない皆さまには是非、一度行って欲しい素晴らしいお祭りです 

以下は軽~く読み流してくださいね 

去年、初めて訪れましたが

物凄い人出に唖然となりました 

土日、有名店のチャンポンなどは余程の計画と作戦がなければまず頂けません。

店長見習いは去年、宵の口に中華街を彷徨いチャンポンに

ありつく事が出来ませんでした 

とにかく美味しいと云われるお店の行列が凄すぎる 

さらに今年は龍馬伝にまつわるオブジェなども置かれるそうです。

去年以上の盛り上がりは必至かもですね
 

IMG_7600.jpg
中華街の春節祭の祭壇 豚の頭がずら~り

お出かけのご予定の皆さまは覚悟して楽しんで来てくださいネ  

長崎ランタンフェスティバル 2010

過去記事 チャンポン



福岡市新型インフルエンザ情報

クリック募金 クリックで救える命がある

ブログランキングに参加してます。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ



blogram投票ボタン

関連記事
[ 2010/02/05 14:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

ランタン祭り・・・まだ行ったことないんですよねぇ・・・
同じ九州にいながら・・・^^;
人気店は競争が激しいのですね!?
燃えそう! ( ̄‥ ̄)=3 フン (笑)
[ 2010/02/05 17:39 ] [ 編集 ]

こんばんわ。

先日はコメントありがとうございました。

節分は、ちゃんと恵方巻召し上がったんですね。
ほんとに福岡で恵方巻食べるようになったのは、つい最近ですよね。
私は、櫛田神社の節分祭の帰りに買おうか迷って、結局買わずに帰ってふつうにご飯食べました~^^;
豆も食べず。。。福、来てほしいのに。。。

中華街のランタンフェスティバル、毎年行ってみたいと思いながら、なかなか行く事ができません。
やっぱりすごい人出なんですね。。。今年も無理っぽいです。。。

こちらこそ、また、お邪魔させてください。
ありがとうございました。ではまた。。。
[ 2010/02/06 02:42 ] [ 編集 ]

追っかけ母さま

おはようございます!

幻想的なランタンと長崎の街並みがよさげな雰囲気を
醸しだしてとても素敵でしたよ v-410

チャンポンだけは競争が…
でも追っかけ母さんならきっと大丈夫ですよ (笑)

コメントありがとうございました。
[ 2010/02/06 09:56 ] [ 編集 ]

杏さま

おはようございます!

ご訪問にコメントありがとうございます。

節分=恵方巻きにはなってない僕ですが
丸ごと頬張る野性的な食べ方にハマっちゃいますね。

ランタンフェスティバルは機会がおありでしたら
覚悟を持ってお出かけくださいね。
素晴らしいお祭りである事は間違いないですよ v-411

これからもよろしくお願いいたします。

[ 2010/02/06 10:05 ] [ 編集 ]

また、寄らせていただきます。
[ 2010/02/06 17:28 ] [ 編集 ]

長崎のランタン祭りもすっごく幻想的でイイですね~。
行ってみたいな~・・・長崎は3日間くらいかけて
ゆっくりと行きたいねっていつも主人と話しています。
博多とセットで行きたい所№1です!
いつも興味のアル記事をありがとうございます♪
[ 2010/02/08 07:26 ] [ 編集 ]

百田工務店 さま

おはようございます!

気軽に覗いてみてくださいネ!
コメントありがとうございます。
[ 2010/02/08 08:57 ] [ 編集 ]

マミーさま

これは是非、観て頂きたいお祭りですよ!
比較的、新しいお祭りですが近年の盛り上がりは
凄いですね!
チャンポンだけは計画的にどうぞ  (笑)

コメントありがとうございました。
[ 2010/02/08 09:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yakinikufukuoka.blog40.fc2.com/tb.php/201-5d73d90c





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。